eveのまいにち


by eveharuka

<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

昨年のクリスマス前に、娘たちのピアノ発表会がありました。
今回はソロもデュエットも日本人作曲者の作品で、面白い趣向でした。

solo A:  バームクーヘン (湯山昭) Baumkuchen (Akira Yuyama)
     S:  波のアラベスク (三善晃) Arabesque of Waves (Akira Miyoshi) 
duet SA: 汽車は走るよ (中田喜直) The Train Running (Yoshinao Nakata)

b0246066_1313461.jpg

Aはソロ途中で数秒止まってしまい、鼻がみるみる赤くなり、歯を食いしばって弾き終えました。席に戻るとしくしく泣き出すA。あれだけ練習してきたのに間違えてしまったという悔しさ、よくわかります。

泣き虫双子は、今までもレッスン中よく泣いてきています。家では弾けた(と思った)のに先生の前で上手に弾けなかったことに泣く。だんだん先生も慣れてきて、最近はタイミングよくティッシュで涙を拭いてくれて、気持ちを落ち着かせてくれます。
「泣けるということはとても大事なことよ。それだけ一生懸命だということだから偉いよ!」という優しい言葉をかけてくれますが、そろそろもっと強くなってほしいかな。先生も私も「あ!また泣き出した!」と内心笑ってしまうほどなので。

さて、Aの次に檀上に上がったSは、泣いているAが気になって気になって仕方がなく、お辞儀するときも頭を下げずに客席にいるAの様子を見ていました。それでも椅子に座ると淡々と弾き、音を外した個所があったけれど平然と弾き終えました。一卵性でもいろいろ違います。
それから10人後にSAのデュエット。まだ涙目で、何か話しかけると泣き出すAの気持ちを短時間で落ち着かせないと・・・少しハラハラしましたが、本人意地でsecondoのビートをしっかりとって楽しい汽車の旅になりました。Aにとってよい勉強になった発表会です。

娘たちのドレスは、夏に縫った黒ドレスにリボンとスパンコールを付けただけ。オーガンジーの別色リボン2枚を重ねて貝色に輝くスパンコールをちりばめてみたら、控えめながら少しゴージャスな雰囲気になりました。黒いドレスに合うリボン選び、難しかったです♪
恒例となりつつある我々の夫婦連弾は、昨年みたいに夫がクリスマスツリーを倒すハプニングもなく、無事終了。duet NH: 東洋の絵Ⅰ(シューマン) Bilder aus Osten I (Schumann)

さて、今年の終わりに娘たちは一体どんな曲を弾いているのでしょう・・・想像するだけで楽しみです。
[PR]
by eveharuka | 2014-02-20 13:28 | music

ニョキニョキ 春の予感

昨冬 家の中で新たに挑戦しだしたのが球根水栽培♪

可愛い透明器選びも楽しく、リビングで根と茎芽が伸びていく様子が

眼に見えるので興奮します。

ヒヤシンス、クロッカス、ムスカリなど次々開花♪

お庭のコたちはまだまだだから、なんだか得意気な顔。

b0246066_12334077.jpg



少し体調不良でブログから遠ざかっていたら もう年は越え、すでに春の兆し。

”ゆったり無理せず” を心掛けて2014年を丁寧に過ごそうと思います♪
[PR]
by eveharuka | 2014-02-19 12:49 | garden