eveのまいにち


by eveharuka

<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

3段ならず

息子が4歳になりました。

b0246066_1715297.jpg

いつからか、「可愛いねっ!!」に対して喜ばず、
「カワイクないっ!!カッコイイ~だ・け!!」
なんて言う男の子になっています。 そりゃもう、4歳はカッコイイことだらけのはず♪
幼稚園に通いだしてから体調崩しがちだけど、『ボール&リズム&甘いもの』 大好きなO、元気に5歳になってね♪

お誕生日は、急遽チョコレート3段ショートケーキに挑戦することに。
3段なんて作ったことないけれど、冷えピタしているOの希望なので、とにかくやるしかない!もう昼過ぎていたので慌ててOと一緒にココアスポンジ3つ焼きました。
b0246066_17155022.jpg
b0246066_1716656.jpg
生クリームにチョコレート加えてホイップ、間には洋梨刻んで挟み、トップにはラズベリーを飾って...いざ組み立ててみると生クリームが足りず、結局3段目のせられませんでした。残念~

b0246066_16534445.jpg




でも2段で十分。切り分けるときもし3段だったらどうなっていたことか、というくらいすぐ倒れてきました。











一日経ってから食べたほうが しっとり馴染んで前日より好評。

娘S「2日目が美味しいのはカレーと一緒だね!」の2段ケーキでした。
[PR]
by eveharuka | 2013-12-10 00:00 | bunch

庭にサンタ

b0246066_143925.jpg

b0246066_1432537.jpg
b0246066_1513386.jpg
b0246066_144843.jpg


10人ぶらさがっています。
[PR]
by eveharuka | 2013-12-09 23:50 | garden
今年のハロウィーン、仮装はしなかったけれど、何になったらオモシロイかという話題で盛り上がったので、忘れない内に娘Aの日記を抜粋タイピング。

b0246066_22265871.jpg


.............. ”Mr.Neutral” 一家 ...............

 先週の図工の時間に、ねん土でモンスターを作りました。名前はAcrobatic Girlアクロバティックガール。手足が伸びたり曲げたりできるモンスターです。どうしてすぐにモンスターの名前を思いついたかというと、先月 ”Mr. Incredible” ミスターインクレディブルという映画を見たからです。Mr. Incredible 一家の話で、お父さんだけではなく、家族全員スーパーヒーローの力を持っています。お母さんは Elastic Girl イラスティックガールで、体が自由に伸びます。娘は、消えてバリアーを作れます。息子は、めちゃくちゃ速く走れます。

今年のハロウィーンに、もし私の家族が仮装するとしたら何になったらおもしろいかな、とある夜 食事中に話し合ってみました。みんなの名前の頭文字をとったスーパーヒーローの名前とわざを考えました。父は、Mr.Neutral ミスターニュートラル。中立さん、という意味です。中立を国語辞典で調べてみると、どちらにもかたよらないことだそうです。父はいつも家で中立の立場をとるからです。母は、Hurricane Girl ハリケーンガール。竜巻を起こして、敵を巻き込みます。Sは Swinging Girl スウィンギングガール。武器は、どこでもブランコを作って立ちこぎをして、敵の頭をキックします。私は Acrobatic Girl。武器は、足を180度上げて、敵がびっくりしている間にパンッとお尻をキックします。弟のOは、Oh My God! Boy オーマイガッドボーイ。何をしでかすかわからないので、その時のOの動きが武器です。

本当に今年できるかわからないけれど、やるとしたら衣装が大切です。絶対にマントはダメ!なぜなら、プロペラに巻き込まれて首がしまるからと、映画のスーパーヒーロー衣装デザイナーが言っています。私はローマ字に興味があるので、日記でアルファベットを書くのがとても楽しいなと思います。

..................................

・・・余裕があったらもじもじ君のような体にぴったりフィットする衣装をみんな分作って着たら楽しかっただろうなぁ~!と思い、代わりに絵を描いてみました。
それにしても Oh My God! Boy には苦笑♪
[PR]
by eveharuka | 2013-12-06 22:05 | bunch

朝一の空気

早朝、凍えながら2階の雨戸を開けると...
b0246066_9472152.jpg

あたり一面 霧がかかっていて 幻想的。
ここで一息、冷たい空気を吸ってから 現実の朝に戻るべく、1階へ走り降りるのが日課。

海に仰向けに浮かんで青空を見上げるのと同じくらい、この朝一の山を見ると
ほっとする。
呉は山も海も近くにあってよいなぁ・・・


この山々、秋に多色に紅葉しないのがちょっと惜しい。
b0246066_101757.jpg

[PR]
by eveharuka | 2013-12-05 09:44 | bunch