eveのまいにち


by eveharuka

<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

手が たわなくても

ipodからアットランダムに流れる音楽で、曲名をチェックしに近寄るのは、リストかラフマニノフが多い。ほとんど弾いたことがない ジャイギャンティックハンズ な作曲家たち。

それだけ気になるなら、弾いてみたらいいのか!
手がたわなかったら指の間を切ればいいし!
と、開いた楽譜は Rachmaninoff Prelude Op.23 No.5。

b0246066_261929.jpg

たう、たう!!どうにか手を切らずに済みそう!


『手がたう』
この表現は、娘たちのピアノの先生がよく口にする呉弁で、「手がとどく」という意味。
「この和音、手がたうかな?たわんかったら無理に弾かんでいいんよ~♪」
たわんかったら指切ればいいんよ~! 
なんて、もちろん先生はおっしゃいません。
[PR]
by eveharuka | 2013-03-27 11:45 | music

新しい洗濯物

今月から新しい洗濯物が加わり、ますます洗濯大好きに♪
プール通い用に 息子の”本気トイレトレーニング" を開始したら、翌日にはおむつが外れました♪ 3/1/2013 恐竜柄は私も履きたいくらいカワイイ。

b0246066_1248516.jpg

双子のトイレトレーニングはそれはそれは悪夢でした。2Fに一人、1Fに一人座らせ、「出た!出ない!もらした!また出る!」と騒ぎながら階段を往復し続けてノイローゼになりかけたけれど、今回はあっさり。立っておしっこをする、というのがこれまた新鮮で楽しいのです。
     
[PR]
by eveharuka | 2013-03-24 01:43 | bunch

white garden

今年は紅の勝ち!遅れること15日で白梅も満開。3/10
b0246066_22105734.jpg

冬越ししたルッコラ。
b0246066_0465656.jpg

切りそろえるべきではなかったかしら、の雪柳。奥の桜はまだツボミ。
b0246066_1193081.jpg

ペーパーホワイト single paperwhite。
b0246066_1102669.jpg

副花冠が八重咲きのペーパーホワイト double paperwhite。
b0246066_1392265.jpg

和水仙。
b0246066_1393726.jpg

[PR]
by eveharuka | 2013-03-24 01:41 | garden

my miso

ほぼ毎食スープを食べています。
朝、熱々の豚汁があるとじわーっと元気がみなぎってきます。
豆乳コーンスープ&クラムチャウダーは子供たちのfavorite。
最近は、皆の舌も辛さに慣れてもらおうと、トムヤムクンが登場。

そんな毎日のスープで、定番はやはりお味噌汁。
いくらあっても重宝するお味噌。これだけ消費するなら、手造りみそを!
1月末仕込み、ゴールデンウィークには出来上がる予定♪

b0246066_0484492.jpg

煮た大豆200gをつぶし、乾燥米こうじ500g、塩160g、大豆煮汁350mlと混ぜる、重しにフタ。約3か月で熟成。月一よく混ぜる。
[PR]
by eveharuka | 2013-03-09 01:41 | food

dancers

サッ
b0246066_0233080.jpg

ヨッ
b0246066_0231131.jpg

ホイッ
b0246066_0232153.jpg

ヤッホーィ
b0246066_023163.jpg

娘がお友達とパンづくり中、私も混じってお遊び♪
[PR]
by eveharuka | 2013-03-08 00:33 | art

プリムラ

玄関にプリムラ寄せ植えが2鉢。
春が訪れるまで、視線独占。

淡いサーモンピンクは、シルバーリーフのダスティーミラーと一緒に。
b0246066_15543597.jpg

青は水仙とスウェーデンカラー。
b0246066_9445386.jpg




【プリムラ】
サクラソウ科サクラソウ属。ヨーロッパ原産でクリンザクラともいう。Primula(プリムラ)は早春、花が他に先駆けて咲くことから 、「primos(最初)」が語源日本では、外国産のサクラソウ属の植物を「プリムラ」と呼ぶ。寒さに強い宿根草。開花時期 11~5月、草丈 20~40cm。水もちがよく、水はけのよい用土(赤玉土6:腐葉土4)。花がらをこまめに摘み取り、つぼみや花を覆うような葉や枯れ葉を取り除き、月2~3回、液体肥料を与えると、長くたくさんの花を楽しめる。ツボミが株の中央のつけ根にあるので水は鉢土に与え、株にはかけない。

【シロタエギク(白妙菊)・ダスティーミラー(dusty miller)】
地中海沿岸原産のキク科の植物。寒さに強く、霜や雪に当っても元気に生育。6月頃から花茎が伸び始め、6月中~下旬になると、黄色い花を咲かせる。花を鑑賞したら、早い段階で花茎を切り取るとよい。タネができると株が弱り、夏を越せない。年々株が大きくなり、草姿も乱れがちになるので、数年に1回はさし木をして、株を更新するのがおすすめ。庭植えの場合は、苗の植えつけ時にたっぷり水を与えれば、その後の水やりは不要。鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷりと水やり。いずれも多湿を嫌うので、やや乾燥気味に。
[PR]
by eveharuka | 2013-03-01 00:38 | garden