eveのまいにち


by eveharuka

<   2012年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

継承するというコト

b0246066_13124448.jpg

うろこ雲が美しい秋の日に、母方の祖母Fさんからダンボールが2箱届きました。
これでもか、というほどガムテープが厳重に貼ってありました。

なんでも手作りする93歳のFさんは、富士山を望む横浜の山の上に、今も一人で住んでいます。Fさんからのお手紙の表紙は庭の押し花、クリスマスカードは小さなフェルトオーナメントがくっついていたり、一つ一つ時間と気持ちを込めたハンドメイド。遊びに行くと、食べきれないほどの巻き寿司・お庭の野菜の天ぷら・自慢のグリーンピース入りだし巻き卵・母が苦手として家ではなかなか食べられなかったコロッケや揚げ物が大量に用意されています。食後はカゴいっぱいにこんもり盛ってある恐竜のミニぬいぐるみやテディベア、ニット帽、ポプリ袋、シュシュ、etc. その時々ハマって作ったものを好きなだけ持って行って!と出してくれます。

幼少から、姉と私にいろいろなお洋服を作ってくれて、娘達が産まれてからは双子におそろい服やおもちゃや着せ替え人形を、そしてつい先日までは息子のズボンなども。
でもさすがに目も手先も思うように動かなくなり、本人が謙虚に遠慮。その代わり、今回は彼女が長年育ててきたお庭の一部をぎっしり詰めて贈ってくれました。
【いちご・イチジク・グアバ・ヤーコン・蕗・三つ葉・みょうが・月下美人・ジンジャー・サクララン】

学生の頃、Fさん宅に泊まりに行っては夜中、二人でミルクティーを飲みながらひっそり咲く月下美人を眺めたのが懐かしいです。

「上手くいかなかったらまだまだたーっくさんあるから、すぐまた送るわよ!」と電話で元気に言ってくれたので、大好物のイチジクがウチの庭に実る日を夢見て、移植作業に精を出します。Fさんの植物と共に、手作りの生き方も継承していけたらと思います。
[PR]
by eveharuka | 2012-10-30 00:16 | garden

ゴーヤ納め

b0246066_14565958.jpg

今年は一体何本食べたことでしょう。
軽く100本は超えたかも?!

初挑戦した表庭でのゴーヤ育ては見事に失敗。葉は生い茂ったけれど、親指くらいのプチゴーヤが5つほどなったのみ。30年前からの古い土は、少し施してもやはり実りには不適だったのでしょうか。
その代わり、東京の実家から巨大ゴーヤが定期的に送られてきたお陰で、今年も無事ゴーヤボーヤたちを喜ばせることができました。そして、先週横浜の祖母宅から送られてきたゴーヤ3本をもって今年のゴーヤ納めとなりました。

b0246066_1258781.jpg



お気に入りの沖縄ガラスで2012年のゴーヤに乾杯!!

最近、ビールでなく、こんなものをよく飲んでいます。
[PR]
by eveharuka | 2012-10-29 23:22 | food

秋のビーズ

b0246066_1511667.jpg

秋にはビーズがよく似合う気がします。
温かいニットに、夏を懐かしむキラキラ。

無地のモノに散りばめるだけで豪華に変身するので昨年から楽しんでいます。
こんなキャスケットをかぶって娘達が登校する季節になりました。

b0246066_2125669.jpg

これは、皮でできた花と透明ビーズボタンを合わせたvest。
皮製品を使うのは初めてでしたが、洗濯しても色落ちしなくてホッ。
娘達それぞれが配置を決めて縫いつけたので、この服だけはどちらがどちらのものかハッキリしています。
左がA、右がS。これすらにも性格が現れているようで・・・♪
[PR]
by eveharuka | 2012-10-25 16:55 | sewing

風車菊

花びらが、かき氷に付いてくるスプーンストローみたいな風車菊。
赤いつぼみが開くと、少しずつ中心の鮮やかな黄色が現れて、その過程も見もの。
b0246066_14361988.jpg

b0246066_1459396.jpg




ゆっくり開花する途中、バッタに花びらを食べられて、気付くと黄色のみの無残な姿。

バッタ退治を決心、やっと花びら付きで全開した記念すべき一輪。
思いの外大輪を咲かせた赤黄は不死鳥の如くどこかへ羽ばたきそう。

でも、よーく見ると一口かじられていますねぇ・・・
[PR]
by eveharuka | 2012-10-23 23:56 | garden

ヤブ来たり

b0246066_22273292.jpg


毎年この時期、呉にはヤブという鬼がやって来ます。
秋祭りの数日前に近所の方々と、紙垂(しで)を挟み込みながら縄を家の前に一斉に貼り、ヤブを迎える準備をします。
太鼓や笛の音が聞こえるとヤブが近づいてくる知らせ。
ドキドキしながら玄関に出て待ちます。

立派なお神輿、法被を来たお囃しと共に現れるヤブは約5匹。赤か黒のお面をかぶり、色とりどりの着物を身に付けて長い棒で地面を叩きながら無口で迫ってきます。
家の前の縄を恐ろしい勢いで叩き切ると、子供たちを追いかけ回し、それはそれは怖がらせてくれます。

「ヤー!ヤー!ってヤブと戦う!」と宣言していた息子Oは、実物が道の向こうから近づいてくるなり後ずさり。
最初は姉ちゃんたちと手をつないでいたけれど、耐え切れず叫んで逃げ惑った後、めでたく捕らえられ抱っこ。これで今年も無事元気に成長してくれますように。

5年目の姉ちゃんたちは、ヤブとしっかり肩を組んで記念撮影。
2年前まで大泣きしていたのに、今回は弟の手前?余裕の笑顔。

家の前でさんざん興奮した後、初めて近くの神社のお祭りに出向いたら、5匹どころか数えきれないほどのヤブがうじゃうじゃ!
中にはおしゃべりするヤブもいて「お父さんとお母さんの言う事をちゃーんと聞くんだよ!」
・・・怖さはの決め手は、やはり”無口”かもしれません。

ヤブと握手するといいことがある、という言葉を信じて、戸惑いながらも何度も手を差し出していたOは、それでも顔を近づけられると食べられちゃうと思って結局号泣。
一日でどれだけ泣いたことか!
ご褒美はピンクと緑のお米がデコレーションしてある、あんこ入り ”いが餅”。
たーっくさん食べて機嫌を直してもらいましょ。
とは言え、2日で8個は食べ過ぎでしょう・・・左右のほっぺにニキビのO。
こんな暴食、年に一度だけよ!

b0246066_23274164.jpg

[PR]
by eveharuka | 2012-10-23 23:48 | bunch

斬新な褒め言葉

b0246066_23475485.jpg

この夏、何年も眠っていたサマードレスを片っ端から着てみました。
いつか娘たちが着るかもしれない・・・としまっておいても、それはおそらく10年以上先の話。だからもうしばらく自分で着てみようと。

少し憂鬱な日の外出も、手軽な木綿サマードレスを着るだけで、特別な気分。

ある日、お出掛け準備万端の息子Oが既に玄関で靴を履いていたけれど
「ちょっと待っててね!まま、2Fで着替えてくるから!」とダッシュ。

高めのウェストに白いリボン、後ろで大きなボウを結ぶタイプの水色花柄ドレス。
さすがにこのリボンは年齢に合わないと、カーディガンを羽織って背中隠し。

勢いよく階段をかけ降りると、Oが目を見開いて大絶賛!

「まま~!!カワイイ~!カワイイ~!すごぉ~い!カワイイ~!!!」

「えぇ~?!本当?!ふふふ Oありがとう~♪♪」

にんまりしてサンダルを履こうとしたら

「まま、オットセイみたいぃぃ~!!!」


・・・・・・えっ?


「え?まま、オットセイみたいなの?」

「うん、まま、オットセイみたい!!カワイイ~!!!」

「えぇ~?!まま、オットセイみたいにすごくカワイイの??」

「うん、オットセイみたいにすごくカワイイ~!!」

えぇ~っっ オットセイってカワイかったんだ!!!

こんな新鮮な褒め言葉にヤラれてしまった私は、自分が日に日にオットセイに見えてしかたありません。
[PR]
by eveharuka | 2012-10-19 23:49 | bunch

ダイヤ

大雨の後、輝くダイヤ発見!
b0246066_13551053.jpg

b0246066_13552951.jpg


花子さんから7月に届いたアサギリソウがモコモコ成長中。

【アサギリソウ】
 ロシアのサハリン原産の常緑多年草。寒さにとても強く、繊細でやわらかなシルバーリーフが、花壇を1年中美しく演出。草丈は20~30cm前後で、株幅は50cm以上になる。キク科の植物で、株がある程度大きくなると、小さな菊に似た花を咲かせる。
 こんもりとした可愛らしい姿をしているアサギリソウは、ヒガンバナの花が終わる頃から、少しずつ形が変化。一部の葉が伸び切って、その後、蕾が上がり、やがて小さな白い花が咲く。蕾をつけはじめると形が崩れるので、伸び切った葉を見つけたら、茎葉ごと切り取ることも可能。見逃してしまうほど小さく目立たない花もなかなかかわいらしいので、あえて茎葉を切り取らず、観賞するのもよし。
 乾燥した環境を好むので、やや乾かし気味に管理。肥料も少なめ。
b0246066_11281174.jpg
[PR]
by eveharuka | 2012-10-18 13:57 | garden
b0246066_14425370.jpg

以前からポーランドの作曲家 Moszkowski モシュコフスキーのデュエット曲を弾いていましたが、この度、鼻息荒い闘牛が目の前にいるような、情熱的な Spanish Dance Op.21, No.3 を連日練習しています。
12月のSAのピアノ発表会で、なんと我々夫婦も一曲披露させてもらうことになり、そのための猛練習です!せっかくなので新曲に挑戦ですが、指が動かず 「やっぱりハノン!ハノン!」とお互いを奮い立たせていますが、どうなることやら・・・

昨年は娘達のドレス作りが発表会前日までかかった苦い思い出があるので、今年は用意周到、既に生地は完備!
前々からの約束で、今年は娘A希望で色は紫。家にあった白バラレースをトップに使うことだけは決めて向かった生地屋さん。運良く昨年この生地屋さんで親しくなった店員さんが今年もいろいろアドバイスを下さいました。この方、型紙もない私に驚くことなく、すぐに私の想像するドレスを理解してくれて手際よくいくつかの選択肢を出してくれて即決。
働く、というのはこうでなくちゃ、と思われるプロの有り様です。



さて、しばらくピアノのことに触れていませんでしたが・・・
庭に誘われて練習サボリ気味になった夏頃、”一月に一曲を仕上げる”という自分に課した難題を、”2012年中に12曲であれば新曲でなくてもよし” に変更していました。
難曲の新曲に挑むと、到底1ヶ月では仕上がらずどんどん遅れて焦るので、気楽に懐かしい曲を学び直すのも善し。

どんな曲を弾いているかというと・・・
夏に帰省した時に実家の楽譜棚にあった昭和48年発行「NHKピアノのおけいこ下巻」より2曲。私が小学3、4年生頃弾いた様子。
♪ ハチャトリアン「エチュード ~少年時代の画集から~」
♪ ドビュッシー「ちいさなニグロ」

ロシアの作曲家ハチャトリアンのエチュードは、この本の解説によると
「動き出したら止まらない機械の運動をもった曲です。・・・始めたならば終わりまでまっすぐに弾きとおす強い気持ちがひつようです。・・・いつも八分音符が動き、スピード感がさわやかさをつくります。・・・速い遅いをきめるものは、決してメトロノームだけではありません。スピード感をもたせるには、そろった音の粒が一番大切です。」井内澄子編著
途中、左手が同音「ファ」を連打する箇所こそ、粒を揃えて弾くことが難しい。その箇所が近づくと緊張して力が入ってしまい、どうしてもまだ時々よろめいてしまうのであと一歩!

大学院生だった頃、取手の駅ビルに入っていたCD屋さんで買ったボサノヴァ編曲集から2曲。易しく編曲してあるボサノヴァを、ワインディナー中に弾くのが目標。
♪ Jobim "One Note Samba" ワン・ノート・サンバ
♪ Jorge Ben "Mas Que Nada" マシュ・ケ・ナダ

舘野泉が弾くブラジル舞曲をCDで聴いてから好きになった作曲家ナザレーの1曲。
♪ Ernesto Nazareth "Bambino(Child)"

b0246066_1521886.jpg

練習途中の曲だらけ。でもこれでどうにか10月に10曲目、ということになります!
[PR]
by eveharuka | 2012-10-17 15:34 | music

車輪と格闘

ずい分前のGWのこと。
錆びてしまった娘達の自転車を、SAが塗りなおしました。
b0246066_1331539.jpg

ヤスリで削ってから、パパの古いYシャツを羽織って真剣にペイント。
白、黄色、赤、青のペンキ4色をホームセンターで買ってきて、自分好みのクリーム色と薄紫をまぜまぜ。塗り残しや、塗らないはずの箇所まで塗ってしまったり、刷毛の跡だらけだけれど、それも味。
b0246066_13322748.jpg
娘達、自転車にまだ補助輪なしで乗れません。乗る機会も必要もない車生活なので、自然なことなのだから仕方ないけれど、先月の誕生日に一輪車とインラインスケートをパパに買ってもらい、もう乗れないなんて言っていられなくなったのです!!



玄関には補助輪片側だけ付いた自転車、新たに加わった一輪車、インラインスケート、2つのヘルメットと2つずつの肘あて膝あてがごろごろしていて、放ったらかしにしたらとんでもない、という形相。
学校から帰宅したSAウガイしている間に、そそくさと車を家の前に出し、門を閉めて、安全地帯確保。そのドライブウェイで練習開始。3種類の車輪と格闘してSAバランス感覚少しずつ養い中。私もユニサイクリストに肩や首をひっつかまれ、インラインスケーターとは両手をつないで後ろ向きに超特急で走って引っ張らされ、全身筋肉痛です。
[PR]
by eveharuka | 2012-10-11 12:14 | bunch

秋バッグ

こんなサイズのバッグを母用に縫いました。寝ている息子の身長約90cm。
b0246066_11421386.jpg

最近昼寝時間が激減した息子O。

早朝6時過ぎには起床。朝食後は、これでもかというくらい庭でサッカー・ゴルフ・野球の真似事、自転車でぐるぐる近所お散歩、数日おきには公園で走りまくるのに。
もう30分しか昼寝が必要ないほどまで成長してしまったようです!

b0246066_1143074.jpg

この日は2Fベッドに寝させてから20分程で大泣き起床。1Fで大好きなおせんべいを2口したら、おもむろに椅子から降りてそのまま床にペタンとうつ伏せ。
真横でガーガーミシンをかけてもへっちゃらで2時間も寝続けたO。
こんなこと今までなかったので、どこまで平気なのかと、こちらも大胆に必要以上に音を立てたり、真横を歩きまわって作業。

こんな固そうな床で騒音が心地良いと思えるほど図太くなってくれて嬉しいです。
[PR]
by eveharuka | 2012-10-11 11:51 | sewing