eveのまいにち


by eveharuka

<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

クロガネモチ the house tree

b0246066_16293150.jpg

太陽とケムシに誘われて思わず庭に出てしまう日々、約一ヶ月半経過。

網戸越しに庭を眺めるだけで、ケムシの在り処を突き止められるまで技術向上。数匹見つけると、庭シャツをさっと羽織り、スカーフぐるぐる首に巻き、つばの広~い帽子をかぶり、軍手にスコップでターゲットに突進。毎日20-30匹はケムシ退治していたけれど、先週から5-6匹に激減。
いきなり減ってしまうと庭に出る意欲が少し失せてきたりと、なかなか微妙な虫嫌いゴコロ。あのケムシや色とりどりのイモムシたちは次どんな生物になるのでしょう?知りたくない分野なのに、知った上で季節の流れを感じるのも大事なのかしらと。

すると数日前からムカデが壁を這い上がり始め、ギョギョッ!また一から絶叫なしの対処技術を磨かねば、と少し憂鬱な退治生活のはじまり。

そんなこんなで庭の雑草取り作業は少しずつ落ち着いてきて、蒔いた種から新たな芽があちこち現れ、なんとも平和な緑の中。
庭のメインツリーは、真ん中にたたずむ不動のクロガネモチ。一本だけ秋ではなく、春に葉っぱが落ちてくる。この木の為だけになぜ4月に私が落ち葉掃きをするのか疑問だったここ数年。なのに最近この子に生い茂る葉につくケムシを退治するにつれて愛着が湧いてきた。先週、根本にひまわりの種を規則正しく14粒植えてみたら発芽率100%、芽が14こぐんぐん伸びてきた。背丈は2m近くなる予定。パパより大きなひまわりがクロガネモチの前にそびえ立つ日が待ち遠しい。


部屋から眺める木、というのは意外としっかり覚えているもの。

働き始めて数年後、オハイオ州にて派遣生活中、2階の窓からよく眺めていた木がある。そこはアメフトRose Ballで有名なOSU(Ohio State Univ.)の学生が多く住むアパート群で、共同洗濯場にコインを持って行ったり、毎月管理室にチェックを切って渡しに行ったのも懐かしい。社会人として独り立ちし始めた時期だったような気がする。

b0246066_16304384.jpg

隣のインディアナ州にその10年後住むとは予想もしていなかったけれど、帰国する際、オハイオ州でお世話になったGさん宅にお邪魔しがてら、懐かしのアパートを探すことにした。住所もうるおぼえ、何度も夫にぐるぐる回ってもらってやっと目印の本屋の角を曲がってアパートに辿り着いた。そして、懐かしいこの木の周りで娘達と遊んだのが、なんだか初めての感覚でとても嬉しかった。

b0246066_16321353.jpg
b0246066_16325326.jpg

今の家のハウスツリーも、沢山の出来事をこれから見守っていってくれるのかなぁ・・・

なんて感傷的になる前に、こちらがしっかりクロガネモチを守ってあげましょうか!
・・・と言っても地味に木の下雑草取りしか出来ませんが。
[PR]
by eveharuka | 2012-05-26 11:02 | garden

ゴーヤボーヤ

b0246066_12591537.jpg

大好きなゴーヤの季節到来。

息子は0歳の頃からゴーヤをかじりはじめ、
1歳の夏は毎日1本おやつ代わりに食べていました。

だから今年は庭で育て始めたけれど、まだまだ小さな苗。
待てずにスーパーで買い始めました。

そして本当に嬉しそうに、皆の分も奪いとって食べる息子は
正真正銘のゴーヤボーヤです。
”goya oh-boy-a!!”


我が家のゴーヤの食べ方:
a. 急ぎの時、2mmほどの薄切りにしてたっぷり砂糖をまぶし、数時間置くだけ。
b. 7mmほど分厚く切って瓶に詰め、1/3浸るくらいリンゴ酢を入れ、一番上に
氷砂糖を大さじ3倍ほど。フタをして1日か2日放っておくだけ。
[PR]
by eveharuka | 2012-05-22 02:44 | food

母の日に

自分がもらったら嬉しいかな・・・というパンを、Flower Salon Yokoyamaさんの母の日スペシャルイベントバザーのために次々作ってみました。

b0246066_5221241.jpg

b0246066_5435938.jpg

b0246066_554579.jpg

b0246066_5225469.jpg

b0246066_523427.jpg

b0246066_16551733.jpg


一日中焼き続けて、またほぼ徹夜で無事朝納品。
【ハーブ葉フガス・胡桃とクランベリー三つ編・麦みそパン・ブルーベリーマフィン・花カラープチパン・抹茶マーブル食パン・ピザ・チーズフランスパン・バナナケーキ】

b0246066_5554235.jpg

さーて帰宅したら次は、自分の母たちに’’歯に優しい柔らかパン’’を仕込み、翌日昼には東京の実母、祖母、義母の3宅へ無事焼き立て冷蔵便発送。

あ~焼きました。焼きました。もう当分焼きません~。
[PR]
by eveharuka | 2012-05-20 05:23 | eve's oven

チューリップ畑

GWのいつか、世羅高原農場のチューリップ畑にお出掛け。

b0246066_228155.jpg

b0246066_2205482.jpg

b0246066_429046.jpg

b0246066_2211035.jpg

b0246066_4292364.jpg

次回はマルチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレン風にひまわり畑に埋もれに来よう!


b0246066_224630.jpg

b0246066_2241329.jpg

↑娘達がスタンプラリーで1本ずつ掘ってお持ち帰りした、ぼたんのように開くオレンジ(A選)と茎が長~い赤(S選)の2種。来年はウチの庭で咲いてね。
[PR]
by eveharuka | 2012-05-18 02:43 | garden

涼しくフリフリ!

b0246066_1657064.jpg
b0246066_164898.jpg
レインコートを作ろうと選んであったカシャカシャいう生地で、娘達の保冷水筒カバーを作ってみました。


暑くなってきた昨今、凍らせたペットボトルを入れてフリフリ溶かすのが楽しそう♪


娘達、登校する間際に玄関で水筒を倒し、フタがゆるんでいるとお茶がこぼれて面倒。
それ防止用に、底が円盤のようになっているのがポイント。出っ張った円盤はフリルでカバー。
もう少々のことでは倒されません!






たまたま先週の遠足前日に出来上がったので、持って行ってもらえることに。

当日の朝は久々のお弁当作りに緊張して4時起き。タスキがけにする紐を縫い付け忘れていることに気付いて焦ったら、小学2年生にもなるともうタスキがけなんてしないそうです。
リュックの横のフックに付けてフリフリ出掛けて行きました。

ほんとかなぁ・・・
私は今もタスキがけよくするけど・・・

翌日からはランドセルに付けてフリフリ登校。



反対側には犬と猫が付いています。
b0246066_16571949.jpg

春休みに、初お裁縫に挑戦した娘達のフェルト作品。マスコットにしてはビッグサイズだけど、ためらわずに取り付けてフリフリ出掛けて行きます。

「これ、いつかママにちょうだい!SとAが家を出て行って、ママがおばあさんになったら、これを毎年クリスマスツリーに飾って楽しむから!」

と約束したものの、もうずいぶんボロボロで・・・
[PR]
by eveharuka | 2012-05-14 14:38 | sewing

不惑な夫

数字に弱い私も、区切りのよい数には少々敏感。
夫が先日40歳になり、さすがに私も背筋を伸ばした。30歳で結婚したから、今年は結婚10年目。こりゃ結構オオゴト!よくぞ夫は逃げなかったもの。祝福しなくては!

b0246066_1425496.jpg


10年目にして、夫の誕生日は未だあやふや。

「パパのお誕生日っていつだっけ?」と、ちょうどよいタイミングで娘が聞いてきたので、「パパに聞いてみて!」とそそのかしたら
「またママ分からなくなっちゃったって?」

b0246066_1424684.jpg
ばればれだけど日にちが確認できたのでよし。少し悩んだ結果、懐かしのディナーメニューでおもてなすことに。




6年前、1歳10ヶ月の双子を抱え、成田からシカゴへ飛んだ。機内でそれぞれがひとりずつ抱っこして寝かしつけていたら、運悪く夫担当の子のおむつが漏れ、おしっこまみれの夫は急いでO'hareのトイレで着替えてから、Indiana行きの高速バスに飛び乗った。
出迎えてくれたホストファミリーのお宅で約1ヶ月滞在した後はWest Lafayetteという街に移り住んだ。


夫は英語オンリーでチームメートと議論しながら自分をアピールしなくてはならないという過酷な学生生活をスタート。私はリスやうさぎや蛍が庭に住むのんびり田舎で双子育児と芝刈りと落ち葉掃きに従事。

あの頃に少しタイムスリップしてもらおうかしらと、お気に入りだったメニューを3品ほど。
ダウンタウンの図書館で手にとったRose Levy Beranbaumの料理本に載っていたディルサーモン。早朝スーパーの魚売り場に行っては仕入れたばかりの肉厚なサーモンを2枚切ってもらう。砂糖、胡椒、粗塩とたっぷりの生ディルをまぶして、2切れを重ね、重しを置いて冷蔵庫で3,4日寝かせる。粒マスタード、ブラウンシュガーと生ディルを合えた甘めのソースで頂く。今回は近所のスーパーに生ディルがないので苗を買い、サーモンはお刺身用の柵を使い以前の半分サイズで。

b0246066_143392.jpg

b0246066_1432761.jpg

世界各国から集まる学生街、様々な異文化食材が手に入るのが面白い。その中でもEuropean Market 'Spacibo'というお店は珍しいサラミやソーセージ、チーズ、ペーストなどが置いてあって選ぶのが楽しかった。惜しげもなくすぐに試食をさせてくれるロシア語訛りの陽気なおばさまは元気かしら。






2品目はローストビーフwith和風おろし玉ねぎソース。和牛で作ったけれど、アメリカ牛のように噛みごたえがあるところは再現満点!ホースラディッシュを添えて食べていたことも思い出した。
b0246066_1421981.jpg

b0246066_142541.jpg




b0246066_1441243.jpg
3品目は焼き立てクネッケブロートにレバーペースト。同居する義父が差し入れてくれた赤ワインのお共に。

私の親からお祝いに前日届いた立派なカニは、アボガドと一緒にレモン汁をかけて堪能。
b0246066_1442798.jpg


b0246066_1481481.jpg
b0246066_1484111.jpg


懐かしメニューに加えて、鶏胸肉のテリーヌに初挑戦。










ピーマンとベビーコーンがもっと鮮やかな緑と黄色になるはずだったのにな・・・。
でも久しぶりに生クリームを使ったコクのある一品に満足。
息子が乳製品アレルギーから脱した折には、バターと生クリームたっぷりの濃い食事がしたいなぁ~!!
b0246066_147537.jpg




そしてバナナ豆乳プリンにはココアでお絵かきして少しでもオシャレに見えるように。
INのガレージセールでゲットした器によそって演出した懐かしディナーは一応成功かな!?
[PR]
by eveharuka | 2012-05-02 12:14 | food