eveのまいにち


by eveharuka

カテゴリ:garden( 49 )

見慣れない風景

b0246066_2184460.jpg

見慣れていたはずの実家周辺なのに、久々帰省してお散歩したら、初めて気付くものだらけ。今までこんな可愛いお花を見過ごしてここを歩いていたのかしら?
と、壁面に垂れるこの草花の美しさにうっとり。

b0246066_2194290.jpg

家周りに植えてある植物が、呉の近所で見かけるものとちょっと違う趣向のような・・・地域での流行りもあるのかもしれません。

こんなところに自転車を放置したりしてっ!
b0246066_2203678.jpg

と思ったら、なんとユーモアある植木鉢置きでした。

b0246066_2212782.jpg
b0246066_2183424.jpg

b0246066_2213672.jpg
[PR]
by eveharuka | 2012-07-25 07:30 | garden

緑の贈り物

b0246066_123437.jpg

今月初め、植物を愛する ’花子さん’ のお庭から、こんな緑ちゃんたちが引っ越してきました。嬉しくて、玄関で靴も脱がずに段ボールから出し、まずは並べてハイポーズ♪
初心者の私の為にしっかり根付いた挿し木ばかりで、今一番嬉しい贈り物です。
【シラン(白・ピンク)、ゼラニウム、アジサイ、メドーセージ、チェリーセージ、アサギリソウ、ペーパーホワイト(球根)、ニゲラ(種)】

ガーデニングは「根気」に尽きるとのこと。”今は植物の性質や形状を覚えて、適した場所を見極め計画的にお庭造りを”とのアドバイスを頂いたので、それを心掛けながら目指せ!賑やかガーデン!

で、まずはネットで性質を調べてどこに植えるべきか悩みに悩んでから地植え。大雨続きで危うい子が若干1名いますが、どうなるかしら・・・


お庭づくりはキャンバスに描くのと似ている気がする今日この頃。
ただ、もっと想像力を要する!なぜなら自然の力が偉大だから。

今この子をこの場所に植えたら、四季折々どんな風景になるかしら?隣りに植えてあるお花との相性は?など想像していたら夜も眠れません。しかも全くの初心者だから想像しようにも何が何だか全てが謎めいていてわけわからないままニタニタしてしまいます。思い描いた構図どおりに自然が動いてくれるはずはなく、びっくりする出来事がこれからたくさん起こるかと思うと、また今夜も眠れません!


母からは先月、「挿し木に挑戦グッズ!」が贈られてきました。
b0246066_1225164.jpg

挿し木に初挑戦するにはもってこいのアジサイなどの挿し穂がたくさん。【ヤマアジサイ、隅田の花火、娘たちが産まれた世田谷にある成育医療センターのアジサイ!、つばき】
1時間ほど水揚げをして、鹿沼土を入れた鉢に刺し、日陰で風通しのよい場所で水を切らさないように管理。現在あと3鉢ほど増えて、我が家の発根場所は混み合い中♪
[PR]
by eveharuka | 2012-07-16 01:50 | garden

ポンポン咲くサフィニア

b0246066_14453973.jpg

こんな形の植木鉢に憧れ始めていたところ、ホームセンターの安売りコーナーで、枯れて間延びしていたサフィニア3株入りの見本鉢が全部ひっくるめて850円!を発見。
園芸初心者のため、念には念を!と別場所に置いてあるサフィニア苗と、植木鉢の値段を何度もチェック。どう考えてもお買い得らしいので、急いで戻って抱きしめました。

ペチュニアやサフィニアを玄関先に植えている方はたくさんいるけれど、毎年新しい苗を購入して植えている様子。一度買ったら末永く・・・をモットーにしたい私は、だから手を出さずにいたお花。

でも、植木鉢目当てでたまたまウチに来てしまったサフィニアちゃん。来たからにはどうにか元気を取り戻してもらわなきゃ・・・とネットで調べると、とにかくバサバサ摘心すべし。先端に花がつく性質なので、鉢からこぼれ出ている茎はどこと構わずバッサリ行くべしと。プロの書いている通りにしてみたら、見事3週間ほどでこんなに賑やかになりました!

あぁ~素敵な植木鉢にポンポン咲くサフィニアはなんて可愛いのでしょう!
雨降りだしたら真っ先に軒下に移動し、次々咲き終える花ガラをつむのも、その作業で手がぺたぺたするのも、このポンポンぶりをみたらどうってことなく思えます。ちなみに種も少しずつ採取、挿し木で増やせると知ったので、来年は両方から挑戦してみましょっ。

b0246066_14461086.jpg
b0246066_14463016.jpg
b0246066_14464892.jpg


ところで、この植木鉢、上下2つに分かれている構造で、上の鉢が足部分にただ乗せてあるだけ。これも知らず、車に乗せて帰宅したら真っ二つに割れて花も土も散乱、見るも無残な姿にショックで叫んだあの頃が懐かしい・・・と言っても、まだたった1ヶ月前の話でした。

【サフィニア (Surfinia) ナス科ペチュニア属の植物。南アメリカ原産。 春から秋まで咲き続ける。 ペチュニアの新品種で、1989年にサントリーが開発。名前は、ほふく性が強い事から英語のSurfing(サーフィン)と、Petunia(ペチュニア)の掛け合わせ。雨に弱く花壇にはあまり向かず、プランターやハンギングに向く。】
[PR]
by eveharuka | 2012-07-09 03:16 | garden

june garden

6月を楽しませてくれた庭の花たち。
b0246066_14234233.jpg

b0246066_14285894.jpg
不思議な色合いに惹き込まれる、ガザニア。

つぼみから開花した時は丸みを帯びている花びらは、徐々にとんがっていくのが不思議。
日が当たっているときだけ開花し、あとは閉じてしまう、派手なのにシャイな子。

b0246066_14433692.jpg

昨年世羅高原のダリア畑に感激し、いつかウチでも咲いて欲しいと想っていた魅惑的なダリア。大輪を一輪咲かせる、というのに挑戦中。小さなつぼみを落とすのがまだ心苦しいです。

b0246066_1450061.jpg

サルビアというと赤いものしか知らなかったけれど、つぼみは白い産毛だらけで、いつの間にか紫の花に変化している、ヴェルヴェットのような肌触りのサルビア・ファリナセア。

b0246066_14531537.jpg

班入りサンパチェンス。まだまだ小さいけれど、もしかしたら1mほどの巨大バウンスボールのように成長してくれるかも!水上花壇にできるほど水好きだそうで。

b0246066_14461632.jpg

花が咲き終わったら5枚葉の上で切る、ということだけを繰り返していたら、どんどん成長してくれている娘Sのミニバラちゃん。・・・たぶん今まで20輪は開花♪ 愛おしいなぁ・・・。最近尺取虫がいつもバラの上に立っているけれど・・・もしや敵?!
[PR]
by eveharuka | 2012-07-06 15:14 | garden

うつむくアブチロン

お庭の仲間を選ぶとき、”地植えしたいしたい症” に悩まされています。
b0246066_1664543.jpg

せっかくお庭があるので、いずれ木に育つものを選んでみたい!しかも、すぐに地植えしたい!と興奮してしまうけれど、それぞれの性質に合った育て方を守ってあげなくてはならない、とやっと納得しはじめたところ。地植えが可能なら時期を選ぶし、鉢のまま育てて雨を避けたり、家の中で冬越しできるよう心掛けたりする植物もあるのですね・・・

b0246066_16673.jpg
下向きに、幅広の傘状の花を咲かせるブラジル産のアブチロン。5弁ある花びらには脈が浮き上がっていて、日が当たると透ける多様な橙色が魅力。次々つぼみが開花しては自然とぽとぽと花落ちる。

すぐに地植えしてしまったアブチロンちゃん・・・まだまだ背丈は40cmと低く、お花を眺めるには地べたに這いつくばらないとムリ。鉢植えでしばらく楽しむべきだったのでしょう。


早く2mの高い木になって頭上からお花をたくさん垂らしてほしいので、どんどん肥料あげちゃいます!

b0246066_1663047.jpg


【アブチロン abutilon】
熱帯産の常緑低木。トロピカルな色合い(赤・橙・白・黄・桃)。
暑さに強い。寒さにも意外と強い。
生育旺盛、1年で2m近くまで成長、根も張る。水・肥料欠かさず要。
開花4-12月。樹高30-200cm。花径3-7cm。
[PR]
by eveharuka | 2012-07-01 16:07 | garden

紫陽花の季節

b0246066_829638.jpg

庭には西洋紫陽花が2本あったけれど、昨年家をリフォームした折に1本なくなったので、残った1本はヒトキワ念入りにケムシから守り通し、最近開花。日々黄緑から赤紫、そして青紫色に変化する姿が素敵でおもわずずっとしゃがんで眺めています。

b0246066_9504121.jpg

やはりもう一本近くに植えたくて、ピンク色の日本額紫陽花コンペイトウが仲間入り。

b0246066_830452.jpg

ばらの様に咲く花が娘達の心をわしづかみ!アルカリ性の土でないだろうから来年は青くなるのかしら・・・

そんなこんな、不器用に庭いじりをしている初心者を、ご近所の方々が暖かく見守ってくれます。ある日、回覧板を届けに行ったら、庭にある別種類の紫陽花の茎をさっと折って挿し木にしてみたら?と下さり、早速ぶすぶす土に差してみたけれど日に日に葉っぱがしょんぼり。それを予想してか、しっかりと植木鉢に挿し木にして、ある程度丈夫になった紫陽花2本を届けて下さいました。半日日陰になる最適な場所は、既に2本が植わっている所なので、一気に賑やかに4本集結。
我が家の紫陽花の園は名付けて"hydrangea garden"♪

b0246066_836535.jpg

b0246066_8362197.jpg
小学校からの親友Mちゃんの結婚式Welcome boardにアジサイを描いたのが懐かしいなぁ~

花言葉が「移り気」「辛抱強い愛情」「あなたは美しいが冷淡だ」「無情」「浮気」・・・などなどで少々悩んだのも今ではいい思い出。Mちゃん夫婦は今も仲良しでよかった~
また描いてみようかな、と思う梅雨入りです。
[PR]
by eveharuka | 2012-06-15 09:08 | garden

クロガネモチ the house tree

b0246066_16293150.jpg

太陽とケムシに誘われて思わず庭に出てしまう日々、約一ヶ月半経過。

網戸越しに庭を眺めるだけで、ケムシの在り処を突き止められるまで技術向上。数匹見つけると、庭シャツをさっと羽織り、スカーフぐるぐる首に巻き、つばの広~い帽子をかぶり、軍手にスコップでターゲットに突進。毎日20-30匹はケムシ退治していたけれど、先週から5-6匹に激減。
いきなり減ってしまうと庭に出る意欲が少し失せてきたりと、なかなか微妙な虫嫌いゴコロ。あのケムシや色とりどりのイモムシたちは次どんな生物になるのでしょう?知りたくない分野なのに、知った上で季節の流れを感じるのも大事なのかしらと。

すると数日前からムカデが壁を這い上がり始め、ギョギョッ!また一から絶叫なしの対処技術を磨かねば、と少し憂鬱な退治生活のはじまり。

そんなこんなで庭の雑草取り作業は少しずつ落ち着いてきて、蒔いた種から新たな芽があちこち現れ、なんとも平和な緑の中。
庭のメインツリーは、真ん中にたたずむ不動のクロガネモチ。一本だけ秋ではなく、春に葉っぱが落ちてくる。この木の為だけになぜ4月に私が落ち葉掃きをするのか疑問だったここ数年。なのに最近この子に生い茂る葉につくケムシを退治するにつれて愛着が湧いてきた。先週、根本にひまわりの種を規則正しく14粒植えてみたら発芽率100%、芽が14こぐんぐん伸びてきた。背丈は2m近くなる予定。パパより大きなひまわりがクロガネモチの前にそびえ立つ日が待ち遠しい。


部屋から眺める木、というのは意外としっかり覚えているもの。

働き始めて数年後、オハイオ州にて派遣生活中、2階の窓からよく眺めていた木がある。そこはアメフトRose Ballで有名なOSU(Ohio State Univ.)の学生が多く住むアパート群で、共同洗濯場にコインを持って行ったり、毎月管理室にチェックを切って渡しに行ったのも懐かしい。社会人として独り立ちし始めた時期だったような気がする。

b0246066_16304384.jpg

隣のインディアナ州にその10年後住むとは予想もしていなかったけれど、帰国する際、オハイオ州でお世話になったGさん宅にお邪魔しがてら、懐かしのアパートを探すことにした。住所もうるおぼえ、何度も夫にぐるぐる回ってもらってやっと目印の本屋の角を曲がってアパートに辿り着いた。そして、懐かしいこの木の周りで娘達と遊んだのが、なんだか初めての感覚でとても嬉しかった。

b0246066_16321353.jpg
b0246066_16325326.jpg

今の家のハウスツリーも、沢山の出来事をこれから見守っていってくれるのかなぁ・・・

なんて感傷的になる前に、こちらがしっかりクロガネモチを守ってあげましょうか!
・・・と言っても地味に木の下雑草取りしか出来ませんが。
[PR]
by eveharuka | 2012-05-26 11:02 | garden

チューリップ畑

GWのいつか、世羅高原農場のチューリップ畑にお出掛け。

b0246066_228155.jpg

b0246066_2205482.jpg

b0246066_429046.jpg

b0246066_2211035.jpg

b0246066_4292364.jpg

次回はマルチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレン風にひまわり畑に埋もれに来よう!


b0246066_224630.jpg

b0246066_2241329.jpg

↑娘達がスタンプラリーで1本ずつ掘ってお持ち帰りした、ぼたんのように開くオレンジ(A選)と茎が長~い赤(S選)の2種。来年はウチの庭で咲いてね。
[PR]
by eveharuka | 2012-05-18 02:43 | garden

紫な庭

暖かくなり、やっとお庭で楽しく過ごせる日々到来。長い間放っておいた庭は雑草だらけ。
毎日こつこつ軍手とスコップで汗だく雑草取りに励むのです。
そしてふと眺めるとガーデンが素敵な紫色に。

b0246066_7453437.jpg


先週仲間入りしたダブルオステオ・ダブルベリーホワイト。
園芸店で一つずつ自分のお気に入りの植物を育ててみよう!ということになり、色も形態も私好みで即決したこの子、オステオスペルマムで世界初の八重咲き品種だそう。このゴージャスな美しさはどう見ても100円以上!!

紫大好き娘Aが選んだのはラベンダー ’花うさぎ’。隣のローズマリーとよく葉っぱが似ていること!娘の判断で、水やりを控えた方がよいこの2つを一緒に寄せ植え。

b0246066_7472158.jpg


実母が3年前に作ってくれた花壇で毎年元気に咲く紫軍団、健在。

b0246066_7492670.jpg
b0246066_7495419.jpg


黄色大好き娘Sは、黄色もあったのにお姫様っぽい濃いピンクの小薔薇 'ジョイハートローズ' を選択。彼女が最近読んだ絵本「のはらひめ おひめさま城のひみつ」には、どうやったらお姫様になれるかその険しい道が書かれている。「お姫様になるにはお布団20枚かけなくてはいけないんだって・・・」夢見がちな娘Sはいつもそのことで頭がいっぱい・・・

息子は大好物ゴーヤを選んだことにし、お庭は急におおいそがし。皆毛虫になんか負けず、元気に大きくなぁれ!!

b0246066_750378.jpg

[PR]
by eveharuka | 2012-04-22 08:25 | garden