eveのまいにち


by eveharuka

カテゴリ:garden( 49 )

ダイヤ

大雨の後、輝くダイヤ発見!
b0246066_13551053.jpg

b0246066_13552951.jpg


花子さんから7月に届いたアサギリソウがモコモコ成長中。

【アサギリソウ】
 ロシアのサハリン原産の常緑多年草。寒さにとても強く、繊細でやわらかなシルバーリーフが、花壇を1年中美しく演出。草丈は20~30cm前後で、株幅は50cm以上になる。キク科の植物で、株がある程度大きくなると、小さな菊に似た花を咲かせる。
 こんもりとした可愛らしい姿をしているアサギリソウは、ヒガンバナの花が終わる頃から、少しずつ形が変化。一部の葉が伸び切って、その後、蕾が上がり、やがて小さな白い花が咲く。蕾をつけはじめると形が崩れるので、伸び切った葉を見つけたら、茎葉ごと切り取ることも可能。見逃してしまうほど小さく目立たない花もなかなかかわいらしいので、あえて茎葉を切り取らず、観賞するのもよし。
 乾燥した環境を好むので、やや乾かし気味に管理。肥料も少なめ。
b0246066_11281174.jpg
[PR]
by eveharuka | 2012-10-18 13:57 | garden

コスモスの園

ちょっと遠出をしてみたら、素敵なコスモス園に辿り着きました。
まずはチョコレートの香りがするという「ルージュルージュ」をくんくん。
しっかりダークチョコ確認できました!
その後ろのフウセンカズラアーチをくぐると、辺り一面、夢のコスモス畑。
b0246066_2294432.jpg
b0246066_2295777.jpg

b0246066_22494680.jpg

ふと奥の方を眺めると真っ黄色。
あちらはマリーゴールドかしら?・・・と近寄ってみたら
b0246066_22293173.jpg

b0246066_22285660.jpg

皆れっきとしたコスモスたちでした。

一番気に入ったのがこのcosmos seashell コスモスシーシェル。両面色折り紙で創ったような花びらが個性的。
b0246066_22203397.jpg

そして、レモン色の爽やかなこのお花は、世界初の黄色いコスモス「イエローガーデン」。
b0246066_22104914.jpg

日本の玉川大学農学部で開発が進められた一種。1957年から研究が重ねられ、1987年にやっと登録。2000年にはより鮮明な黄色い2種が開発されたとか。
何事も数えきれない失敗を重ねて前進していくものなのだなぁ・・・と、本日のノーベル賞受賞ニュースと共に ”研究” に対する不屈の精神に敬意を表したいです。
[PR]
by eveharuka | 2012-10-08 23:03 | garden

花よりつぼみ

夏に2株、白とピンクのジニアザハラを玄関ドライブウエイに植えました。
b0246066_2521914.jpg
実を言うと、このジニア、花よりつぼみが好み。

中国ボタンのようにコロンと細かい弧が織り合っていて、とても可愛らしいのです。

花が咲くよりつぼみがつくことにウキウキしていたけれど、別名”百日草”と呼ばれるにふさわしく、手入れなしで猛暑に強く、晩秋まで咲き続けるこの芯の強さに脱帽。次第にお花も好きになってきました。
b0246066_2524222.jpg

そして本日、近所の公園で、確実にお花が素敵なジニアらしき子と出逢えました。
ウチにある子よりも花の真ん中がこんもり分厚くて豪華なたたずまい。

b0246066_2231589.jpg

ジニアプロフュージョンでしょうか?

検索し続けたところ、ジニアには一重も八重咲きもあり、「サカイのタネ」が開発したのがザハラ、「タキイ」が開発したのがプロフュージョンとか。他にもいろいろ名前があって混乱してきたけれど、皆同じ形のつぼみの持ち主の様子♪
来年は別種のジニアちゃんにも楽しませてもらおうと思いました。
[PR]
by eveharuka | 2012-10-06 03:35 | garden

ご褒美

自分への夏休み終了お疲れ様ご褒美、それはお庭時間。
b0246066_23412095.jpg

b0246066_23434733.jpg

b0246066_100637.jpg

勇気を出して、玄関門の外にある花壇にもお花を。
今までは同居する義父に遠慮して、とにかく地味に緑一色。越してくる前から植わっていた唯一のツバキ周りが淋しかったので、その前後にミントと野紺菊を裏庭から移植し、下の隙間にツルニチニチソウを。

でもどうしてもそこにカラフルなお花を植えたくて植えたくて、この度ミント引き抜き、ついに決行です!ドキドキ。 右下黄色は花びらの先がぷっくりするはずの風車菊、右上ケイトウステッキー、左はエンジェルラベンダー2色。
b0246066_1004332.jpg

b0246066_9383480.jpg

[PR]
by eveharuka | 2012-09-14 09:50 | garden

種の秋

b0246066_16294633.jpg

ずいぶんと涼しくなってきた朝夕。また庭熱がもくもく盛り返ってきました!
芝生に着くほどお辞儀をしていたひまわりの首をチョッキン。
引っこ抜いた長~い茎を武器に、早朝から息子とヤー!ヤー!ごっこ。
そうしたらひまわりも喜んでくれた気がして。
ご近所さんたちもベランダ洗濯干しながらこれ見て苦笑。

種は乾かしてから採取予定。
娘達が3歳の頃通ったモンテッソーリのプレスクールで、ひまわりの種をピンセットで一個ずつ採る、という手先を器用にする作業があり、夜の授業参観でSがそれに没頭していたのを思い出しました。息子にも今度やってもらいましょう!

b0246066_1648547.jpg
b0246066_16483280.jpg


それにしてもSもこの頃はほっぺがぷっくりして赤ちゃんみたいだったのねぇ~







9月は楽しみな種撒きシーズン。
先週はあっちにアネモネ、こっちになでしこ。あそこに成育の赤タチアオイ、その横に有明の黒タチアオイ。
庭奥のプチ畑には山形そば。紫の諸葛菜はどこに群生させようかしら・・・

母に言わせると、買ってきた種ももちろんいいのだけれど、あの山に咲いていた花、あの公園で美しかった草木、という種を庭で育てることこそ楽しいのだと。
思い返すと、小さいころから母は何気ない顔してプチップチッと散歩しながらあれこれ採取していました!
その姿に違和感なし。

そしてこの7月末に私も初めてプチッ!娘達が産まれた成育医療センターの庭を息子と散策しているときに、ポーカーフェースを装いながら、種まみれになっていたワインレッド立葵を狙いました!それを母と分け合い、母が有明でプチっとしてきた黒立葵もお裾分け♪
果たして両方とも無事ウチで咲いてくれるのでしょうか?!
確かに普通に買った種より断然興奮します♪
[PR]
by eveharuka | 2012-09-12 17:49 | garden

august garden

8月、花々も灼熱の太陽に焼かれて秋を待ち望んでいるかのよう。
庭で今、一番生き生きしているのはサルスベリ。
b0246066_2382088.jpg

空にそびえ立つ勇ましさとは裏腹に、花びらはちりちり華奢。
下のビニールプールに粉雪のように舞い降りてきて、涼しげ。
b0246066_1363995.jpg

パリの街を歩きたいと想わせるバラが開花。
b0246066_16335622.jpg

玄関先のミントが線香花火みたいな花を咲かせてびっくり♪
b0246066_17405828.jpg

プチプチカワイイカランコエ。
b0246066_17413968.jpg

[PR]
by eveharuka | 2012-08-31 00:31 | garden

不発の朝顔

b0246066_15154913.jpg

b0246066_1659450.jpg
b0246066_17135981.jpg



庭に撒いた朝顔。



ツバキに絡みついていたり、梅の木の下を這っていたり。









本当は玄関ドライブウェイが、朝顔咲き乱れる道になるはずだったのが、お花が僅かしか咲いてくれない結末。

2、3年前~採取してきた種の威力が衰えたせいかしら。



でも形が美しい朝顔葉が様々な木の枝に絡みついて幹をしっかり支えている姿もオモシロイ光景。


来年は赤いノウゼンカズラをドライブウェイに!
[PR]
by eveharuka | 2012-08-23 23:37 | garden
b0246066_2234174.jpg

4年前に実母が埋めた球根から毎年 ”ゆりの女王” カサブランカが華やかに咲きます。ニョキニョキ伸びる茎の先にあるつぼみに、毎朝シュッシュッ虫除けスプレーをするだけのお手入れ。

なぜこんなに立派に毎年カサブランカは咲くのか聞くと
母 「たまたま庭と相性がよかったのでしょう」

・・・そういうお花もあるなんて、ラッキー♪
here's looking at you kid!
                                 年中だった娘達スケッチ中↓
b0246066_261969.jpg

[PR]
by eveharuka | 2012-08-17 02:35 | garden

紛らわしいローズ

ある時、3つも立派なミニバラ苗の入った大きめの鉢が特価で店頭に♪
b0246066_3513282.jpg

「このミニバラはこれ以上大きく成長する種類ですか?」
「いえ、そのサイズのままです。」
「今いくつかミニバラを地植えしていて、元気に成長してくれているのですが、これも地植えして大丈夫でしょうか?」
「いえ・・・これはこのまま鉢で育てた方がよいと思います。枯れかけているのでこの特価ですが、液体肥料をあげたらお花がまた元気にたくさん咲くはずです!」

b0246066_3334687.jpg

心でスキップしながら持ち帰ってよ~く見てみると・・・・不思議。刺がない!しかもしっぽがある!

こんなミニバラあるのかしら?

b0246066_3342399.jpg
いそいで写真を実家に送ると、

「それはバラではない」と即答。




驚愕して絶叫。
その後絶句。

なぜ?!だって確かにお店の札にはバラと書いてあったし、売り子のおばさまとミニバラ会話をしたのに。

・・・その実態は、バラそっくりな花姿の、インパチェンスの八重咲き品種でした。

別名『カリフォルニアローズ』。

この「ローズ」が名札に記されていたがために大興奮して惑わされてしまったワタクシでした。
このしっぽ、冷静になれば庭の白いサンパチェンスの仲間と判ったのに・・・

母が私を慰めるためか、このインパチェンスは品質がとても善いものらしいと。

そう?・・・そうねぇ・・・確かに素敵な色合いで豪華だし、本当にバラのようだもの。
ショックから立ち直りつつあるワタクシですが、どうぞ皆さまも『カリフォルニアローズ』にはご注意を!
[PR]
by eveharuka | 2012-08-07 03:55 | garden

2mのお出迎え

広島駅に着くと、1m80cmの夫がお出迎え。
家に着くと、2mに成長したひまわりがお出迎え。
b0246066_1620588.jpg

b0246066_15174193.jpg

控えめに、クロガネモチの真下に植えたから、日光の差で背丈も花サイズもずいぶん多種。ピサの斜塔みたいに、太陽を求めて斜めに首を伸ばしています。
来年は皆カンカン照りになる場所に堂々と植えましょっ!

b0246066_15142924.jpg

真ん中を眺めていたら暑さのせいか、目が回りました。

b0246066_1518949.jpg







ちらっ
[PR]
by eveharuka | 2012-08-05 15:48 | garden