eveのまいにち


by eveharuka

夜寝るマドンガ

b0246066_11415621.jpg

11月中旬に庭の植木鉢を次々家に入れました。
ホームセンターでビニールカバー付き3段棚をゲットし、日中日当たりの良い2F寝室に全員移動。急激な環境変化から葉っぱがどんどん落ちてしまう子もあれば、次々つぼみを膨らませる子も。

中でも、デンマークカクタス(別名シャコバサボテン・クリスマスカクタス)のマドンガは、寂しい寒い冬をピンクで華やかにしてくれます。いつも眺めていたいから、この子だけ特別2Fから1Fにお引越し。ピアノの上から優雅に垂れ下がっています。

b0246066_11433612.jpg
シャコバサボテンのオモシロイところは ”短日植物” であること。明かりがある所に置いておくと花が咲かなくなるので、夜は電気を消さないといけません。
まるで「夜更かしもほどほどに」と囁いてくれている気がして、マドンガのお陰で毎晩早めに切り上げられます。



The gorgeous pink "Madonga" brightens us in our living room. Denmark cactus is a short-day-plant, so I need to put off lights at night for them to bloom. I feel like it's telling me to go to sleep early, no nighthawk these days!





【デンマークカクタス】
・春から秋は野外で日光の当たるところ。週一液肥。乾いたらたっぷり水あげる。
・秋から春までの開花時期は屋内の日が当たるところ。肥料なし。水やりほとんどせず。夜は暗所に置かないと開花しない性質。
・9月中旬。全ての葉の先につぼみがつくよう、一番先の葉っぱの大きさが半分ほどのものはくるくるひねって除去。根が詰まっていると、葉が赤らんだり、葉の節の間から根が出てきてしまう。その場合、植え替えの3月下旬まで待ち、一回り大きい鉢に植え替える。根を崩してから植えつける。
・3月頃、形よく葉が伸びるよう、根本から3、4節目をひねって除去し、形を整えるとよい。取り除いた節は挿し芽にする。2節にしたものを3枚重ね、濡らしたミズゴケで根本を覆う。40-50日で根がでてくるので、それをいくつか束ねて寄せ植えして、新たな鉢を作る。異種の寄せ植えも楽しい。
[PR]
by eveharuka | 2013-01-08 11:08 | garden