eveのまいにち


by eveharuka

ポンポン咲くサフィニア

b0246066_14453973.jpg

こんな形の植木鉢に憧れ始めていたところ、ホームセンターの安売りコーナーで、枯れて間延びしていたサフィニア3株入りの見本鉢が全部ひっくるめて850円!を発見。
園芸初心者のため、念には念を!と別場所に置いてあるサフィニア苗と、植木鉢の値段を何度もチェック。どう考えてもお買い得らしいので、急いで戻って抱きしめました。

ペチュニアやサフィニアを玄関先に植えている方はたくさんいるけれど、毎年新しい苗を購入して植えている様子。一度買ったら末永く・・・をモットーにしたい私は、だから手を出さずにいたお花。

でも、植木鉢目当てでたまたまウチに来てしまったサフィニアちゃん。来たからにはどうにか元気を取り戻してもらわなきゃ・・・とネットで調べると、とにかくバサバサ摘心すべし。先端に花がつく性質なので、鉢からこぼれ出ている茎はどこと構わずバッサリ行くべしと。プロの書いている通りにしてみたら、見事3週間ほどでこんなに賑やかになりました!

あぁ~素敵な植木鉢にポンポン咲くサフィニアはなんて可愛いのでしょう!
雨降りだしたら真っ先に軒下に移動し、次々咲き終える花ガラをつむのも、その作業で手がぺたぺたするのも、このポンポンぶりをみたらどうってことなく思えます。ちなみに種も少しずつ採取、挿し木で増やせると知ったので、来年は両方から挑戦してみましょっ。

b0246066_14461086.jpg
b0246066_14463016.jpg
b0246066_14464892.jpg


ところで、この植木鉢、上下2つに分かれている構造で、上の鉢が足部分にただ乗せてあるだけ。これも知らず、車に乗せて帰宅したら真っ二つに割れて花も土も散乱、見るも無残な姿にショックで叫んだあの頃が懐かしい・・・と言っても、まだたった1ヶ月前の話でした。

【サフィニア (Surfinia) ナス科ペチュニア属の植物。南アメリカ原産。 春から秋まで咲き続ける。 ペチュニアの新品種で、1989年にサントリーが開発。名前は、ほふく性が強い事から英語のSurfing(サーフィン)と、Petunia(ペチュニア)の掛け合わせ。雨に弱く花壇にはあまり向かず、プランターやハンギングに向く。】
[PR]
by eveharuka | 2012-07-09 03:16 | garden